古町通5番町商店街 CINQUE

佐藤エハガキ店

sato_main

新潟史を記した 貴重な絵はがきに出会う。

明治、大正、昭和、平成。佐藤エハガキ店は明治42年から百年以上に渡り古町で商売を営んできた。店主の佐藤純一さんは3代目。やさしい笑顔が印象的だ。「昔は印刷業もやっていて、県内の観光地にオリジナルの絵はがきを卸していました」。当時はコロタイプ印刷という技術を使って絵はがきを作っていた。コロタイプ印刷とは、ガラス板を用いる印刷法で、モノクロの写真に彩色を施すこともできた。「ガラス板は、ほとんどが地震で割れてしまったけどね」。

sato_01

貴重な昔の絵はがきを見せてもらった。商店街に大雪が積もり人々が屋根の上を歩いている写真、白山神社と古町通の間の道がまだお堀だった頃の写真。昭和の頃の古町や近辺の様子がうかがえる。
古町芸妓の絵はがきセットも人気だったそうだ。当時の人々にとっては、アイドル写真集のようなものだろう。「まだ庶民はカメラを持っていない時代ですからね。戦争に行く兵士たちが、お気に入りの芸者さんの絵はがきを懐に入れたりしていました」。

sato_02

平成の今、佐藤さんの奥さんや娘さんが手作りした布バッグやアクセサリーが、隠れた人気商品になっている。娘さんのハンドメイドアクセサリーが飾られた額は、佐藤さんお手製だという。印刷業の時代から変わらず、とことん「ものづくり」の家系なのかもしれない。

sato_

佐藤エハガキ店[サトウエハガキテン]
住所/新潟市中央区古町通五番町619
TEL/025-222-3724
営業時間/10:30〜17:30 
定休日/水曜日

Top