古町通5番町商店街 CINQUE

ちず屋

chizuya_main

路地裏を進めば、うどんと劇場の不思議空間。

通りから路地へと進んだ先に、思わぬ名店との出会いがある。古町の路地“ロジフル”の醍醐味だ。麺好きを唸らせる手打ちうどんの店、ちず屋。じゅのーびとLe chatの間の小道を進めば見つけることができる。店内はカウンター6席と座敷が1組の小さなお店だ。

chizuya_01

おすすめは「ちず屋うどん(520円)」。澄んだおだしに、鶏肉のチャーシューとゆで卵、とろろ昆布、刻みネギと、具材はどちらかというとラーメンのようだ。「自分でおいしいと思うものを選んだ」と店主のシダジュンさん。細めのうどんは手打ちでコシが強い。「うどんの麺は粉と塩と水でできている。その三つには徹底的にこだわっています」。小麦粉は色々な種類を試した結果、名古屋から仕入れている。「製麺をする上で最高の粉だと思います」。塩は店主の地元である笹川流れのものを使用。水は、五泉市の菅名岳の湧き水を自ら汲みに行っている。お冷も同じ水を出してくれる。「飲むと一目瞭然。味の違いに気づきます」。日替わりメニューなどのお店情報は、ツイッターで配信される。そちらもぜひチェックを。

chizuya_02

店主は劇団「第二黎明期」を主宰。なんと、お店の2階は収容人数20人ほどの小劇場になっていて、地元の劇団の公演や様々なイベントが開催される。うどんと劇場。五番町の路地裏には、不思議な空間があった。

chizuya_

ちず屋[チズヤ]
住所/新潟市中央区古町通五番町587-4
ツイッター/http://twitter.com/sidajun
営業時間/11:00〜19:00
定休日/水曜日

Top